日本の戦後の復興・成長は目覚ましいものがありました。街には物が溢れ見た目は豊かな国になりました。しかし、日本は今、転換期を迎え、これから安定期を迎えるにあたり、全てにおいて良識・良質を基盤とした社会を再構築する時が来たような気がします。本当に住み易い豊かな国にする為にも、また、自然・文化・都市・建築を後世に残す為にも・・・。

時の流れと共に建築は変貌を遂げてきましたが、人を包む器として建築を捉えた場合、本質は昔も今も変わるものではありません。無機質化しつつある社会環境を、建築を通して有機質化出来ればと常日頃思っています。私達は良質な恒久的不変都市・建築を唱えて参ります。

住宅設計におきましては、人間の五感を大切にし、与えられた環境、特に自然環境を最大限活用した住環境を提案していきたいと思っています。『光と風が戯れ、雨音が聞こえる・・・』日常の何気ない環境を大切にしています。また、長年住み続けて味の出る住宅、年齢と共に変化する住環境にも配慮した住宅を創ることを心掛けています。

更新日:2021/05/01